電撃文庫秋の祭典2014 「魔法科高校の劣等生」ステージ
2014/10/05

10月5日、秋葉原UDX・ベルサール秋葉原で電撃文庫秋の祭典2014が開催されました。今回は「魔法科高校の劣等生ステージ」を見てきました。

イベント内容

まとめるとはいっても既にTwitterで重要なことは書いてしまいましたが。 今回は司波達也役の中村悠一さんが出演されないということで、司会役が不在に。ステージ上で司会を誰にするか話し合いの上、内山・佐藤「私たちは二科生だから」、雨宮「私に達也さんの代わりは…」という言葉により司会は早見さんに。

全26話のアニメ放送終了後初めてのイベントということで、まずはキャストの皆さんの感想。口々にあっという間だったと答えていました。収録現場で印象に残ったのはアルマジロの絵を描いて比べていたことで、これが後に今日のネタになりました。
印象的なシーンとしては、「九校戦編のピラーズブレイクの後のシーン、ほのかと雫のコンビネーション」(雨宮)、「エリカが深雪に『本当にお兄様が好きなのね』と言われて『アンタには言われたくないわよ』と赤面しながら叫ぶシーン。エリカは事あるたびにみんなの思いを代弁してくれる。」(内山)、「幹比古と美月の関係。ラッキースケベであんなことがあったのに後の話で良い感じの関係になっていて何があったのか気になる」(佐藤)など。

この後にはクイズ、題して「第一高校定期試験」ではアニメ本編の映像と共に問題が3問出題されました。以下、問題と解答。


早見さんの提案により3問目の答えと共に、「アルマジロと上に乗る達也」の絵を描くというお題が追加。それぞれオリジナルに絵を描いておりましたが、早見さんが最もカオスな絵を描き笑いを誘いました。誰の絵が上手いかの判断では、佐藤さんの絵が人気のようでした。最終的にこの問題は同点となりました。

時間もだいぶ押しているところで19日のイベントの予告などを行いイベント終了、と思いきやここでサプライズ。
本日は出演されていない中村悠一さんからのお手紙があるということで早見さんが読み上げ。封筒にはお兄様より、と可愛らしい文字。内容は登壇できないが何かできないかと考えてきた。キャストの皆さんに「流石はお兄様です」と言ってもらいます、とのこと。最後の挨拶代わりに、それぞれ台詞を残してステージは終了となりました。



イベント概要

電撃文庫秋の祭典2014「魔法科高校の劣等生ステージ」
出演:早見沙織(司波深雪役)、雨宮天(光井ほのか役)、内山夕実(千葉エリカ役)、佐藤聡美(柴田美月役)
※掲載順は公式サイト記載に準拠
会場:秋葉原UDX
収容人数:およそ500人(フリー立ち見エリア除く)
チケット:抽選による応募制・無料
時間:計画13:00-13:40(40分間)/実績13:05-13:55(50分間)


関連リンク


電撃 - 『魔法科高校の劣等生』ステージで早見沙織さん、内山夕実さん、佐藤聡美さん、雨宮天さんが見直して欲しい名シーンを語る
「魔法科高校の劣等生」女性キャスト陣が”さすがはお兄様です”を披露 | アニメ!アニメ!


TOP