音霊 だから海って特別な場所なのかな 2015'
2015/07/15(執筆)
2016/04/28(加筆修正)

7月12日、神奈川・由比ヶ浜海岸で「音霊 だから海って特別な場所なのかな 2015'」が開催された。真夏の海岸でのライブというアツい企画、佐藤聡美さんも参加されるということで多分に漏れず私も参加。

東京都心から約1時間、横須賀線の鎌倉駅から徒歩20分。関東圏でのイベントとしてはやや遠いが、いつも通り手紙をギリギリに書く習慣から、湘南新宿ラインと横須賀線のグリーン車で手紙を書いていたらあっという間に鎌倉へ着いてしまった。当日の関東は見事な晴れ。夏の海岸は多くの海水浴客で賑わっていた。
イベント内容
会場着いて間もなく入場の呼び出しが始まり、入り口でチケットとリストバンドと引換。オールスタンディングでリストバンドを着けていれば入退場自由。中は砂のままのステージ前と、後方に一段高いウッドデッキがあり、高いステージは後方からでも十分見える。混雑する前方を避け、遭えて後ろに立つ人の姿も目立った。

開演時間頃にオープニングActということで新人アーティストさんが登場して開演。綾野ましろさんが登場してからステージ前にグッと人が集まり、他のファンの方の中には後ろに引く人も。この後も順次、人が少しずつ入れ替わっていくような動きがあった。

出番毎の間隔は10分から15分くらい間が空く。佐藤さんのステージは、この時間でバンドの機材セッティングがあり、バンドメンバーさんとマネ様も登場。声優アーティスト揃いのステージでは異色の光景に、今日の他のファンの方は「いったい何が始まるのか」という様子だったが、佐藤聡美ファンの皆は出番が来たと気づく。

もはや定番となったしゅがちゅん。のOP。手慣れたファンばかりでないこともあってここはなかなか揃わない。それでも、S・U・G・A・Rのかけ声がかかると皆それに合わせて声を張りあげ、手を叩いた。
表にアイスクリームのイラスト、裏に「由比ヶ浜イェーイ」と浮かれた文字の書かれた書かれたTシャツにハート型のサングラス姿でという、いかにも夏のビーチに似つかわしい姿で佐藤さんが登場した。

そのままライブに突入。「Brave Morning!!」のCome on Wake Up!のかけ声で一斉に会場が沸き上がった。音霊のライブは様々なアーティストが集う企画だが、この日のライブはアニメ、声優系のアーティストが集まった日。バンドサウンドを基調にした佐藤さんの楽曲はこの中ではやや異色の存在かもしれない。暑い会場がアップテンポなリズムに乗って、手を振り、体を揺らした。
続けて「♡'s cReaM♪」 夏のビーチでのライブにぴったりの曲。会場はさらに熱くなった。

ここでMCが入り、「暑いね」と感想。冷房の無い建物にたくさんの人、会場は非常に暑かった。少し話してから忘れてたと「声優をやっております。佐藤聡美です。」と自己紹介した。

つづいて「タオルはお持ちですか?」と前振りをしつつ「Starlight Fortune」を熱唱。この暑い会場のこと、他のファンを含め大半の来場者がタオルを持っており、思いっきり振り回した。

ここでまたMCをはさみ、曲の紹介などをした。さらにステージ左右に動きながら「佐藤聡美のステージは休憩じゃないぞ!」と会場全体を煽り盛り上げた。

ここで先日発売のアルバムから「君のとこまで」「紙ヒコーキ舞うこの場所で」を続けて披露。ここまでの、アニメ系ライブには一風変わったライブに戸惑っていた観客も、先ほどの盛り上がり載って大いに盛り上がった。ステージから会場に舞う紙ヒコーキ、そして時を同じくして飛んでいったサングラスは観客の歓声の中に飛び込んでいった。

自身の嗜好からバンドサウンドの道を選んだ佐藤聡美のアーティスト活動。ライブでは一貫して生バンドの演奏を欠かさず、ワンマンライブではオールスタンディングにサイリウム非推奨。多くのアニメ・声優系のアーティストが選んできた道を選ばず、バンドマンの一員として、あくまで声優ではなくアーティストとしての独自の道を、しっかりと貫く意志が感じられたライブだった。「これが佐藤聡美のライブだ」ということを、由比ヶ浜に集まった観客たちに伝えられたのではなかろうか。声優のアーティスト活動が所謂アイドル売りの象徴のように言われる今日、本気でアーティストを目指した佐藤さんがこれからどんな世界を見せてくれるのか非常に楽しみだ。

セットリスト
1、Brave Morning!!
2、♡'s cReaM♪
3、Starlight Fortune
4、君のとこまで
5、紙ヒコーキ舞うこの場所で





ページトップ
記事一覧
サイトトップ